電子書籍のススメ

私が電子書籍を使う理由

私は3年前から紙の書籍はほとんど購入していません。その代わりにほとんど電子書籍で済ませるようになりました。理由としては・・・

紙につく虫が嫌い

これが一番大きな理由でした。久しぶりに本を読もうとページを開くと確率は低いですが、うねうねと動く小さな虫…背筋がぞっとします。

本棚いらず

電子データですから、本棚がいらなくなります。

使用しているアプリ

次に、電子書籍を読むのに使用しているアプリを紹介します。

Kindle

まずはAmazonの「kindle」。今でこそなんでも売っているAmazonですが、もともとインターネット書店として始まったので電子書籍の品ぞろえも圧倒的です。

複数の端末で購入した本を読めるのはもちろんですし、どこまで読んでいたかも複数端末で共有出来るので、端末を使い分けしていてもスムーズに本の続きを読むことができます。

あと、小説を読んでいるときは辞書機能も便利。

参考 Kindle電子書籍リーダー(Android版)Google Play 参考 Kindle(iOS版)App Store

少年ジャンプ+

次は日本一の発行部数を誇る「週刊少年ジャンプ」の集英社が配信しているアプリ「少年ジャンプ+」です。

名前の通り集英社のアプリですので、購入できるのは集英社のジャンプコミックス(デジタル版)です。

とはいえ、デジタル版の単行本を購入するだけのストアアプリというわけではなく、アプリの主要な機能となっているのは週刊連載・隔週連載・月刊連載などの「無料連載」作品と、「週刊少年ジャンプ」デジタル版の2つです。無料連載作品は面白い作品も多いのでこのアプリはかなりおすすめです。無料連載作品の単行本のデジタル版ももちろん購入可能です。連載作品はウェブブラウザからも閲覧可能なので是非ともご覧になってみてください。

ちなみに週刊少年ジャンプといえば、読者アンケートによって掲載順位が決まったり連載終了になってしまうなどの話は有名ですが、電子版にも読者アンケートがあります。プレゼントはゲーム機など色々とある紙版とは違い、Google PlayカードかiTunesカードとなっています。

こちらもアカウントを作成すれば複数の端末で購入した電子書籍を共有できます。

参考 iOS/Androidアプリ少年ジャンプ+

使用している端末

いくつかタブレット端末を所有していますが、電子書籍を閲覧するのに基本的に使用しているのは「iPad mini 4」です。

しかし購入してだいぶ年月が経つため、だんだんガタが来ています。しかし、mini4の後継機が登場する気配もないですし、どうしようか…。

iPadはmini4の他にProも所持していますが、mini4のほうが片手で読めるので電子書籍を閲覧するのに適していると思っています。

 

まとめ

紙の書籍から電子書籍をメインにしてから良いことばかりです。

電子書籍を閲覧するための端末を用意するための初期投資は必要ですが、タブレットであればそれ以外の用途にも活用できますし、電子書籍をまだ読んだことない方、ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。